sp_menu

コイル材の加工技術 TECHNOLOGY

高い球状化率を高める、
冷間リバースコイル圧延に対応しています。

狭い板厚交差を実現し、お客様の後工程もスムーズに。
小ロットやお急ぎの納期など、ご要望により細やかにお
応えします。

コイル材の加⼯⼯程

コイル材の加工工程である、球状化焼鈍、圧延、軟化焼鈍、スキンパス、レベラーカットや
スリットまでをワン
ストップで行います。

各種母材

各種材質・板厚を取り揃えています。
自動車用、産業機器向けの需要に対応している為、全て日本国内の高炉メーカーで熱間された各種材質・板厚を取り揃えています。

取り扱い材質
SS、SPCC、SAE、S-C、SCR、SCM、SUP、SK、SKS、SUSなど その他の加工可能鋼板材質

球状化焼鈍

表面が美しくソフトな仕上がりに。
無酸化雰囲気炉による光輝焼鈍方式で、脱炭・スケールもなく、表面が美しくソフトな仕上がりを実現。長年培った知識とノウハウによる温度と時間のバランスが、炉内の全ての鋼板を均一で、精度の高い、ご要望通りの鋼板をつくり出します。長時間かけた丁寧な作業で、球状化焼鈍では球状化率95%を達成しています。

設備情報
  • Φ1,800 × 1,300H: 2基

冷間圧延

表面光沢のある粗度、良好な材料を生産。
熱間圧延では出せない良好な光沢と板厚精度を確保。カタサなどご希望通りのスペックに仕上げます。高炉メーカー等で冷間圧延出来ない「厚物の圧延」「市場にない板厚の圧延」「要求硬さを出す為の圧延」などのために、冷間にてロール圧延しており、表面光沢のある粗度・良好な材料を生産します。

設備情報
処理可能な仕様
  • 板厚 2.0 mm ~ 20.0 mm
  • 寸法 W500 mm / L4,000 mm(Max)
所有設備
  • 板厚 0.2 ~ 3.0 mm / 幅 30 ~ 250 mm:1台
  • 板厚 0.8 ~ 8.0 mm / 幅 80 ~ 550 mm:1台

球状化焼鈍

表面が美しくソフトな仕上がりに。
無酸化雰囲気炉による光輝焼鈍方式で、脱炭・スケールもなく、表面が美しくソフトな仕上がりを実現。長年培った知識とノウハウによる温度と時間のバランスが、炉内の全ての鋼板を均一で、精度の高い、ご要望通りの鋼板をつくり出します。長時間かけた丁寧な作業で、球状化焼鈍では球状化率95%を達成しています。

設備情報
  • Φ1,800×1,300H:2基

スキンパス

薄物から厚物まで、良好な平坦度に。
冷間圧延後、軟化焼鈍したコイルは軟らかすぎてコイルを解く時に腰折れすることがあります。それを防止するためには焼鈍後に軽く圧延すること(スキンパス)が有効です。
スキンパスでは加工性を損なうことはないような圧延率を選択しています。

レベラーカット

薄物から厚物まで、良好な平坦度に。
要求幅寸法、長さ寸法にシャーリングにて切断します。数mmの単位で、お客さまのシビアなご注文寸法もクリアします。

設備情報
  • 板厚1.0 ~ 5.4 mm / 幅100 ~ 600 mm:1台

スリッターライン

小ロットのスリットにも加工可能。
自動車部品や電子部品、刃物や自転車と幅広いお客さまにご使用していただいております。
高い精度でコイルを小割し取り合わせも自由にできます。

設備情報
  • 板厚 1.6mm ~ 6.0 mm / 幅 600 mm ~ 24 mm:1台

梱包・出荷

あらゆる梱包仕様に対応。
納品後も品質を確保し、加工作業をより効率的に行えるよう、紙巻き・バンド締め下駄付きの形で全国ご指定地域へ出荷いたします。また、お客さまのご要望により専用梱包も承ります。